チューエツの職場紹介 PLACE OF WORK 滋賀工場

滋賀工場の強み

ラミネート加工を中心とし、お客様のニーズに応えた確かな品質と安全をお届けしています。

滋賀工場は、1973年6月に押出しラミネート加工を主体とする工場として開設されました。

ラミネート加工とは紙やプラスチックフィルム・樹脂・クロスなどの素材を貼り合わせて強度を高めたり、用途に合わせた新しい素材を生み出す技術です。当社では建築資材やメディカル資材、食品やレジャー用品など幅広い分野でお客様のニーズに応えた確かな品質と安全をお届けしています。

滋賀工場

印刷

主な設備紹介

ラミネート5号MC

2種類の溶融樹脂を同時に押出し、積層して1工程でラミネートする共押出しの高速ラミネート機です。 異なった物性を持つポリエチレンを2層でフィルムシート状にして押出すことができるため、それぞれのポリエチレン樹脂の利点でお互いの欠点を補うことができます。 用途に応じて構成を変えて様々な用途に対応することができます。

貼り合わせる技術

ラミネート加工幅は800mmから2200mmまで可能です。紙と紙を貼り合わせたポリサンド品の膜割れ検出に赤外線サーモグラフィーを導入して対応しています。 また、廃棄物の50%以上がリサイクル可能な環境負荷の少ない工場です。

事務

主な設備紹介

coming soon

仕上げ

主な設備紹介

coming soon